BioConcept社 CHO細胞培養用培地
MAM-PF®培地シリーズ CHO Production Medium MAM-PF®

MAM-PF® (Mammalian Artificial Medium-Protein Free) 培地は無血清・無タンパク質および動物由来成分不含 (ACF) の規格を満たした、CHO (Chinese Hamster Ovary) 細胞およびBHK (Baby Hamster Kidney) 細胞培養用培地です。細胞を高密度で培養することができ、組み換えタンパク質の高発現を可能にします。

特長

s_mam-pf.JPGケミカリーディファインドで動物由来成分不含
MAM-PF®培地は動物由来成分、タンパク質および未知の加水分解産物を含みません。
欧州医薬品審査庁 EMA/410/01に適合しており、各成分のTSE証明書を保有しています。

高い細胞密度と高収量
最大で3.7×107 cells/mLの細胞密度での培養が可能です。
最大で5.5 g/Lの抗体産生、2.5 g/Lのエリスロポエチン(EPO)産生の実績があります。

高品質な液体培地および粉末培地
液体培地には最高品質の注射用水(WFI)を使用しています。
粉末培地の粒子サイズをおよそ20 µmまで粉砕することで、素早い溶解を可能にしました。

高い適応性
多くの場合、現在使用中のCHO細胞培養用培地から直接MAM-PF®培地への切り替えが可能です

高い細胞密度

s_celldensity-1.png

 MAM-PF®77培地でCHO細胞を培養すると非常に速い生育を示し、他社品と比較して高い細胞密度での培養が可能です。
それに伴い、フェッドバッチ培養を行った場合の最終的な産物の活性も非常に高い値を示します。
 また、MAM-PF®77培地での培養時には定常期でも高い生存率を示すことから、グリコシル化に優れていることが分かります。

抗体産生の事例

s_Ipilimumab-1.png

 MAM-PF®培地は、年々改良が加えられバージョンアップしており、最も新しいシリーズがMAM-PF®77培地およびフィードミックスFMS3とFMUです。MAM-PF®77培地を用いることでイピリムマブ (モノクローナル抗体) の生産性を最大5 g/Lまで伸ばしました。
 また、パーフュージョンシステムやフェッドバッチ培養システムにも対応可能です。
※イピリムマブ:細胞傷害性Tリンパ球抗原-4 (CTLA-4) を標的としたモノクローナル抗体


製品情報

MAM-PF®培地シリーズ

製品名容量 ※1製品番号
MAM-PF®77 (L-グルタミン・フェノールレッド不含) 液体 (500 mL) 49432-38
MAM-PF®7e (L-グルタミン・フェノールレッド不含) ※2 粉末 (10L 用) 49430-89
※1 その他の容量についても対応いたします。液体培地は5-5,000 L, 粉末培地は1-800 kgの範囲で提供が可能です。
  ご希望の場合は関東化学までお問い合わせください。

※2 MAM-PF®7e粉末培地を用いたMAM-PF®77液体培地の調製には別途サプリメント等が必要です。
  詳しい調製方法については関東化学までお問い合わせください。


最新の価格は
Cica-Webをご参照ください。

MAM-PF®培地用フィードミックス

バイオリアクターにてCHO細胞を培養する際に、目的産物増産のために培地に添加するフィードミックスです。
【製品群:CHO-S3-Feed mixシリーズ、CHO-U-Feed mixシリーズ】
※ 詳しくは関東化学までお問い合わせください。

その他サプリメント

MAM-PF®培地シリーズはL-グルタミンおよびフェノールレッドが不含です。
必要に応じて添加してご使用ください。

製品名容量製品番号
L-グルタミン溶液 (200 mM) (100x) 100 mL 49433-15
フェノールレッド溶液 (1.5 g/L) 100 mL 49433-54
最新の価格はCica-Webをご参照ください。

パンフレット(PDF)

パンフレット BioConcept社 CHO細胞培養用培地 MAM-PF®培地シリーズ (1.93 MB)

関連製品

BioConcept社 細胞培養関連製品

試薬へのお問い合わせ

TEL: 03-6214-1090

FAX: 03-3241-1047