Home >THE CHEMICAL TIMES >バックナンバー/表題一覧

バックナンバー/表題一覧

ケミカルタイムズ表題一覧 1986年(No.119)~1990年(No.138)
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1986 1 119 昭和61年1月 初春のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1986 1 119 昭和61年1月 医薬品としての金属錯体 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1986 1 119 昭和61年1月 ポリアミンの生化学(4) 山川 敏郎 東京薬科大学助教授農学博士
1986 1 119 昭和61年1月 薬学ゆかりの外国人(21)
―カール・リーベルマン Carl Theodor Liebermann―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1986 2 120 昭和61年4月 最近の生物活性天然物の不斉合成 若松 武 北海道大学薬学部助教授
1986 2 120 昭和61年4月 化合物の番号と記号(12) 松隈 昭 株式会社三菱化成安全科学研究所理学博士
1986 2 120 昭和61年4月 医薬品としての金属錯体(2) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1986 2 120 昭和61年4月 19世紀前半のドイツ薬学:その教育と工業化の発展 ウォルフガング・ゲッツ エー・メルク社理学博士
1986 2 120 昭和61年4月 薬学ゆかりの外国人(22)
―ウィーラント Heinrich Otto Wieland―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1986 3 121 昭和61年7月 糖分析試薬としてのレクチン 大熊 誠一 東京薬科大学教授薬学博士
1986 3 121 昭和61年7月 私の古生物誌(5) ―魚竜の話(その1)― 福田 芳生 千葉県衛生研究所医学博士
1986 3 121 昭和61年7月 薬学ゆかりの外国人(23)
―キュリー夫妻 Pierre Curie:Marie Curie―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1986 4 122 昭和61年10月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近 1.臨床化学検査のプロフィール 佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部助教授医学博士理学博士
1986 4 122 昭和61年10月 高温を用いた有機合成 木藤 武利 九州工業大学材料工学科教授工学博士
1986 4 122 昭和61年10月 超高純度試薬「ウルトラピュア」について 福田 寿夫 関東化学(株)中央研究所主任
研究員
1986 4 122 昭和61年10月 「分子をいかにしてフッ素で修飾するのか」 Part1 北爪 智哉 東京工業大学工学部生物工学科助教授工学博士
山崎 孝 東京工業大学工学部生物工学科工学博士
1986 4 122 昭和61年10月 薬学ゆかりの外国人(24)
―トロムスドルフ Johann Bartholomaeus Trommsdorff―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1987 1 123 昭和62年1月 新年を迎えて 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1987 1 123 昭和62年1月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
2.国際的臨床化学会の活動の現状
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部助教授医学博士理学博士
1987 1 123 昭和62年1月 「分子をいかにしてフッ素で修飾するのか」
Part 2,3
北爪 智哉 東京工業大学工学部生物工学科助教授工学博士
山崎 孝 東京工業大学工学部生物工学科工学博士
1987 1 123 昭和62年1月 DNAの化学合成 関根 光雄 東京工業大学総合理工学研究科理学博士
1987 1 123 昭和62年1月 くすりの文化交流(1) ―シルクロードはくすり道― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1987 2 124 昭和62年4月 褐藻に含まれた注目される成分
―生理活性を持つ成分を中心にして―
石河 正裕 君津化学工業(株)農学博士
1987 2 124 昭和62年4月 DNAの化学合成(2) 関根 光雄 東京工業大学総合理工学研究科理学博士
1987 2 124 昭和62年4月 私の古生物誌(6) ―魚竜の話(その2)― 福田 芳生 千葉県衛生研究所医学博士
1987 2 124 昭和62年4月 くすりの文化交流(2) ―薬種貿易の夜明け― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1987 3 125 昭和62年7月 DNAの化学合成(3) 関根 光雄 東京工業大学総合理工学研究科理学博士
1987 3 125 昭和62年7月 半導体の加工と薬品中の塵あい 小野 員正 東海大学工学部通信工学科教授工学博士
1987 3 125 昭和62年7月 私の古生物誌(7) ―毛に被われた翼竜― 福田 芳生 千葉県衛生研究所医学博士
1987 3 125 昭和62年7月 食べ物でガンを防ぐ(1) ―癌と食生活― 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1987 3 125 昭和62年7月 くすりの文化交流(3) ―夏の花の毒とくすり― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1987 4 126 昭和62年10月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
3.正常値、正常範囲の考え方、求め方およびその利用
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部助教授医学博士理学博士
1987 4 126 昭和62年10月 ヌクレオシドの配位した有機金(3)および白金(2)
錯体の配位化学
小宮 三四郎 東京農工大学工学部助教授
工学博士
1987 4 126 昭和62年10月 食べ物でガンを防ぐ(2) ―癌と食生活― 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1987 4 126 昭和62年10月 E・メルク社と製品開発 W・バードルフ 関東化学(株)製品企画部長
1987 4 126 昭和62年10月 くすりの文化交流(4) ―秋の薬草― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1988 1 127 昭和63年1月 新年のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1988 1 127 昭和63年1月 「第13回国際臨床化学会議/第7回欧州臨床化学会議」の印象 佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1988 1 127 昭和63年1月 生体中に存在する微量必須金属元素の機能(1) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1988 1 127 昭和63年1月 私の古生物誌(8)
―中生代の海に君臨した凶暴なウミトカゲ竜、
モササウルスの話―
福田 芳生 千葉県衛生研究所医学博士
1988 1 127 昭和63年1月 酸化タングステン膜のエレクトロクロミズム(1)
減圧下における酸化タングステン膜の製作とその性質
三宅 清司 元山口大学教授理学博士
1988 1 127 昭和63年1月 くすりの文化交流(5) ―明治120年の黎明記― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1988 2 128 昭和63年4月 生体中に存在する微量必須金属元素の機能(2) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1988 2 128 昭和63年4月 酸化タングステン膜のエレクトロクロミズム(2)
反応性スパッタによる酸化タングステン膜の製作と性質
三宅 清司 元山口大学教授理学博士
1988 2 128 昭和63年4月 光学活性フェロセニルホスフィンを用いる触媒的
不斉合成
林 民生 京都大学工学部合成化学科
工学博士
1988 2 128 昭和63年4月 くすりの文化交流(6) ―原点への回想― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1988 3 129 昭和63年7月 ヘテロ原子の特性を利用した有機電解合成(1)
ヘテロ原子の特性と電解反応の特徴および有機合成への応用
淵上 寿雄 東京工業大学大学院総合理工学研究科助教授工学博士
1988 3 129 昭和63年7月 新規な抽出試薬によるレアメタルの高選択的分離 大橋 弘三郎 茨城大学理学部化学科助教授理学博士
1988 3 129 昭和63年7月 モデル錯体を用いたCI化学の触媒反応機構の研究 穐田 宗隆 東京工業大学資源化学研究所理学博士
1988 3 129 昭和63年7月 くすりの文化交流(7) ―時代の推移につれて― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1988 4 130 昭和63年10月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
4.含窒素化合物(非蛋白性窒素、尿素窒素および尿酸)の臨床検査
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1988 4 130 昭和63年10月 酸化タングステン膜のエレクトロクロミズム(3)
酸化タングステン膜の着色現象
三宅 清司 元山口大学教授理学博士
1988 4 130 昭和63年10月 ヘテロ原子の特性を利用した有機電解合成(2)
電解反応の有機フッ素化合物合成への応用
淵上 寿雄 東京工業大学大学院総合理工学研究科助教授工学博士
1988 4 130 昭和63年10月 くすりの文化交流(8) ―爽秋夜話― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1989 1 131 平成1年1月 新年のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1989 1 131 平成1年1月 ダルムシュタットと同窓会 森野 哲夫 三洋化成工業(株)研究本部未来研究グループ主任研究員
1989 1 131 平成1年1月 ディスコチック液晶 藤木 勉 九州工業大学工学部教授
理学博士
1989 1 131 平成1年1月 キノコ類の薬効・食効とその利用(1) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1989 1 131 平成1年1月 くすりの文化交流(9) ―不老不死薬と黄金― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1989 2 132 平成1年4月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
5.含窒素化合物(creatine、creatinineおよびammonia)の臨床検査
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1989 2 132 平成1年4月 酵素を用いた血中塩素イオンの定量 小野 敏広 関東化学(株)伊勢原研究所
1989 2 132 平成1年4月 酸化タングステン膜のエレクトロクロミズム(4)
エレクトロクロミックセルの特性
三宅 清司 元山口大学教授理学博士
1989 2 132 平成1年4月 E・メルク社の品質管理 M・キースリング 関東化学(株)製品企画部長
1989 2 132 平成1年4月 くすりの文化交流(10) ―伝承と科学性― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1989 3 133 平成1年7月 キノコ類の薬効・食効とその利用(2) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1989 3 133 平成1年7月 合成試薬としてのアニオン性有機スズ化合物
1・トリメチルスタンニルメチルリチウム
佐藤 匡 早稲田大学理工学部応用化学科教授理学博士
箕村 雅史  
1989 3 133 平成1年7月 生体中に存在する常量必須元素の機能(1) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1989 3 133 平成1年7月 くすりの文化交流(11) ―自然の開発― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1989 4 134 平成1年10月 Isodityrosineを含む新しい生理活性オリゴペプチドの
合成
山村 庄亮 慶応義塾大学理工学部化学科教授理学博士
西山 繁 慶応義塾大学理工学部化学科教授工学博士
1989 4 134 平成1年10月 味覚修飾物質をめぐる最近の話題 栗原 良枝 横浜国立大学教育学部教授理学博士
1989 4 134 平成1年10月 生体中に存在する常量必須元素の機能(2) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1989 4 134 平成1年10月 くすりの文化交流(12) ―文明開化の贈物― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1990 1 135 平成2年1月 初春を寿ぎて 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1990 1 135 平成2年1月 キノコ類の薬効・食効とその利用(3) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1990 1 135 平成2年1月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
6.その他の含窒素化合物(Polyamine)
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1990 1 135 平成2年1月 電子工業用薬品の展望 伊藤 秀朗 関東化学(株)中央研究所
1990 1 135 平成2年1月 新製品紹介“キラル”    
1990 1 135 平成2年1月 くすりの文化交流(13) ―自然の恵み― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1990 2 136 平成2年4月 宇宙の彼方に生命を求めて
その1.宇宙のプロフィール
小池 淳平 東京工業大学理学部生命理学科理学博士
1990 2 136 平成2年4月 生物発光と化学発光 笠井 佐夫 大阪市立大学工学部
1990 2 136 平成2年4月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
7.その他の含窒素化合物(Bilirubin,その他)
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1990 2 136 平成2年4月 広島営業所移転のご案内    
1990 2 136 平成2年4月 化合物の番号と記号(13) 松隈 昭 松隈化学技術士事務所理学博士
1990 2 136 平成2年4月 合成試薬としてのアニオン性有機スズ化合物
2・トリメチルスタンニルメチルリチウム
佐藤 匡 早稲田大学理工学部応用化学科教授理学博士
早田 聡宏  
1990 2 136 平成2年4月 くすりの文化交流(14) ―春の風物― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1990 3 137 平成2年7月 キノコ類の薬効・食効とその利用(4) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1990 3 137 平成2年7月 遷移金属錯体を用いた炭化水素の活性化と官能基化(1) 小坂田耕太郎 東京工業大学資源化学研究所
1990 3 137 平成2年7月 宇宙の彼方に生命を求めて その2.微生物の宇宙旅行 小池 淳平 東京工業大学理学部生命理学科理学博士
1990 3 137 平成2年7月 くすりの文化交流(15) ―地球は巡る― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1990 4 138 平成2年10月 遷移金属錯体を用いた炭化水素の活性化と官能基化(2) 小坂田耕太郎 東京工業大学資源化学研究所
1990 4 138 平成2年10月 大気汚染と杉の木 鶴見 実 東京工業大学大学院総合理工学研究科助手理学博士
1990 4 138 平成2年10月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
8.尿、髄液およびその他の体液中の蛋白
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1990 4 138 平成2年10月 新製品紹介“ベンゾンヌクレアーゼ”    
1990 4 138 平成2年10月 くすりの文化交流(16) ―歴史のエピソード― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る