Home >THE CHEMICAL TIMES >バックナンバー/表題一覧

バックナンバー/表題一覧

ケミカルタイムズ表題一覧 1991年(No.139)~1995年(No.158)
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1991 1 139 平成3年1月 新春のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1991 1 139 平成3年1月 我が国自主技術開発の条件(1) 三宅 清司 帝京大学教授
1991 1 139 平成3年1月 キノコ類の薬効・食効とその利用(5) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1991 1 139 平成3年1月 化学者のためのBASICプログラミングアイデア 木藤 武利 九州工業大学工学部物質工学科工学博士
1991 1 139 平成3年1月 中国における教育と研究 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1991 1 139 平成3年1月 くすりの文化交流(17) ―事始め― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1991 2 140 平成3年4月 乳糖(ラクトース)
―このユニークな糖質のプロフィール―
伊藤 敞敏 東北大学農学部畜産学科教授
農学博士
1991 2 140 平成3年4月 宇宙の彼方に生命を求めて
その3.宇宙の環境汚染はもう始まっている!?
小池 淳平 東京工業大学生命理工学部生命理学科理学博士
1991 2 140 平成3年4月 エキストレルートカラムの有機化学実験への応用
その1. ―カラム抽出法―
功刀 彰 東京薬科大学助教授薬学博士
田部井 克己 東京薬科大学助教授薬学博士
1991 2 140 平成3年4月 我が国自主技術開発の条件(2)
―経営者の姿勢と配慮―
三宅 清司 帝京大学教授
1991 2 140 平成3年4月 くすりの文化交流(18) ―歴史のひとこま― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1991 3 141 平成3年7月 キノコ類の薬効・食効とその利用(6) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1991 3 141 平成3年7月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
9.血清(漿)中蛋白
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1991 3 141 平成3年7月 白金ブルー錯体の溶液内挙動と水素生成触媒機能 松本 和子 早稲田大学理工学部化学科教授理学博士
酒井 健  
1991 4 142 平成3年10月 臨床化学と発色反応 萩 三男 東京女子医科大学臨床中央検査部
1991 4 142 平成3年10月 化学者のためのBASICプログラミングアイデア(2) 木藤 武利 九州工業大学工学部物質工学科工学博士
1991 4 142 平成3年10月 非晶質酸化タングステン着色膜の化学組成 三宅 清司 帝京大学教授理学博士
1991 4 142 平成3年10月 くすりの文化交流(19)
―ムラサキのエピソード―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1992 1 143 平成4年1月 新年を迎えるにあたって 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1992 1 143 平成4年1月 生体内での活性酸素種の挙動(1) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1992 1 143 平成4年1月 福岡支店開設のご案内    
1992 1 143 平成4年1月 キノコ類の薬効・食効とその利用(7) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1992 1 143 平成4年1月 エキストレルートカラムの有機化学実験への
応用 その2 ―カラム内有機合成反応―
功刀 彰 東京薬科大学助教授薬学博士
田部井 克己 東京薬科大学助教授薬学博士
1992 1 143 平成4年1月 化学者のためのBASICプログラミングアイデア(3) 木藤 武利 九州工業大学工学部物質工学科工学博士
1992 1 143 平成4年1月 くすりの文化交流(20) ―造化の砂― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1992 2 144 平成4年4月 バイオセンサ(1) Biosensor(1) 加藤 安彦 九州工業大学工学部教授理学博士
1992 2 144 平成4年4月 我が国自主技術開発の条件(3)
開発担当者と開発技術者
三宅 清司 帝京大学教授理学博士
1992 2 144 平成4年4月 生体内での活性酸素種の挙動(2) 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1992 2 144 平成4年4月 製品紹介“新しいエンドヌクレアーゼ・ベンゾンヌクレアーゼ”    
1992 2 144 平成4年4月 くすりの文化交流(21) ―花の神秘― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1992 3 145 平成4年7月 陽極酸化による金属タングステンの表面膜の生成(1) 膜の成長とその性質 三宅 清司 帝京大学教授理学博士
1992 3 145 平成4年7月 バイオセンサ(2) Biosensor(2) 加藤 安彦 九州工業大学工学部教授理学博士
1992 3 145 平成4年7月 キノコ類の薬効・食効とその利用(8) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1992 3 145 平成4年7月 異聞化学言語考現学 松隈 昭 松隈化学技術士事務所理学博士
1992 3 145 平成4年7月 くすりの文化交流(22) ―地球の永遠性― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1992 4 146 平成4年10月 グリオキサールの化学 木藤 武利 九州工業大学工学部物質工学科工学博士
溝部 帆洋  
1992 4 146 平成4年10月 工学的観点からのクロマトグラフィー法の最近の動向 加藤 滋雄 京都大学工学部化学工学科助教授
1992 4 146 平成4年10月 くすりの文化交流(23) ―宇宙は秘密― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1993 1 147 平成5年1月 新春所感 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1993 1 147 平成5年1月 F.F.ルンゲ ―アニリンとクロマトグラフィーの発見者(1) 原田 馨 筑波大学名誉教授/
神戸松蔭女子学院(短期)大学教授
1993 1 147 平成5年1月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
研究結果の発表と評価(1)
三宅 清司 帝京大学理工学部教授理学博士
1993 1 147 平成5年1月 キノコ類の薬効・食効とその利用(9) 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1993 1 147 平成5年1月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近 10.血清(漿)中蛋白―血清膠質反応並びに特殊微量蛋白 佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1993 1 147 平成5年1月 くすりの文化交流(24) ―新春回想― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1993 2 148 平成5年4月 ニンジンの不定胚分化 川原 良一 東北大学理学部生物学科
駒嶺 穆 東北大学理学部生物学科教授
理学博士
1993 2 148 平成5年4月 がんの死亡率を抑えられるか 奥山 徹 明治薬科大学生薬学教授薬学博士
1993 2 148 平成5年4月 F.F.ルンゲ ―アニリンとクロマトグラフィーの発見者(2) 原田 馨 筑波大学名誉教授/
神戸松蔭女子学院(短期)大学教授
1993 2 148 平成5年4月 くすりの文化交流(25) ―春日遅遅― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1993 3 149 平成5年7月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
研究結果の発表と評価(2)
三宅 清司 帝京大学理工学部教授理学博士
1993 3 149 平成5年7月 世界のキノコ切手 水野 卓 静岡大学農学部教授農学博士
1993 3 149 平成5年7月 くすりの文化交流(26) ―消夏随想― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1993 4 150 平成5年10月 微量過酸化水素のための定量用試薬の創製と応用 高村 喜代子 東京薬科大学薬学部教授理学博士
松原 チ ヨ 東京薬科大学薬学部助教授薬学博士
1993 4 150 平成5年10月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
エレクトロニクスとその発端(1)
三宅 清司 帝京大学理工学部教授理学博士
1993 4 150 平成5年10月 順相HPLCにおける移動相への水添加効果について ―実験例を中心に― 功刀 彰 東京薬科大学助教授薬学博士
田部井 克己 東京薬科大学助教授薬学博士
1993 4 150 平成5年10月 くすりの文化交流(27) ―目薬のエピソード― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1994 1 151 平成6年1月 年頭のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1994 1 151 平成6年1月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
11.Glucose並びにその他の糖 ―血糖―
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部
1994 1 151 平成6年1月 キレ-ト樹脂の合成と金属イオンの捕捉 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1994 1 151 平成6年1月 くすりの文化交流(28)
―植物学の偉材・牧野富太郎博士―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1994 2 152 平成6年4月 神経伝達物質と免疫 (1) ―病は気から― 長瀬 博 東レ基礎研究所リサーチフェロー主席研究員理学博士
1994 2 152 平成6年4月 ダルムシュタットのJ.リービッヒの生家 原田 馨 筑波大学名誉教授/
神戸松蔭女子学院(短期)大学教授
1994 2 152 平成6年4月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
エレクトロニクスとその発端(2)
三宅 清司 帝京大学理工学部教授理学博士
1994 3 153 平成6年7月 海水中のウラン捕集用キレート樹脂 今井 弘 関西大学工学部教授工学博士
1994 3 153 平成6年7月 神経伝達物質と免疫 (2) (オピオイド受容体) 長瀬 博 東レ基礎研究所リサーチフェロー主席研究員理学博士
1994 3 153 平成6年7月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
エレクトロニクスとその発端(3)
三宅 清司 元帝京大学教授理学博士
1994 3 153 平成6年7月 くすりの文化交流(29)
―医薬ジャーナリストの先駆―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1994 4 154 平成6年10月 フッ素化学と分子軌道計算 山崎 孝 東京工業大学生命理工学部生物工学科助手工学博士
1994 4 154 平成6年10月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
マイクロエレクトロニクスとその工業的発展(1)
三宅 清司 帝京大学理工学部教授理学博士
1994 4 154 平成6年10月 ミルクオリゴ糖(乳中少糖)の比較生化学(1)
―化学構造的特徴とその利用性―
齋藤 忠男 東北大学農学部助教授農学博士
浦島 匡 帯広畜産大学農学部助教授農学博士
1994 4 154 平成6年10月 くすりの文化交流(30)
―日本薬剤師会初代総理・正親町実正小伝―
根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題 著 者 著者所属
1995 1 155 平成7年1月 新年のご挨拶 野澤 俊太郎 関東化学株式会社取締役社長
1995 1 155 平成7年1月 発光免疫測定法 検出反応の基礎―1.化学発光反応 今井 利夫 東邦大学理学部生理化学教室助教授医学博士
1995 1 155 平成7年1月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
マイクロエレクトロニクスとその工業的発展(2)
三宅 清司 元帝京大学教授理学博士
1995 1 155 平成7年1月 くすりの文化交流(31) ―近代のあけぼの― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1995 2 156 平成7年4月 新しい脂質研究を拓く TLC Blotting
―その原理と応用―
瀧 孝雄 東京医科歯科大学医学部分子免疫化学教室薬学博士
1995 2 156 平成7年4月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近 12.Glucoseその他の糖 ―尿糖および髄液中のGlucose― 佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部非常勤講師
1995 2 156 平成7年4月 NMR シグナルのシフト試薬 今井 弘 関西大学工学部教養化学教授
工学博士
1995 2 156 平成7年4月 くすりの文化交流(32) ―地球の真理― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1995 3 157 平成7年7月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
マイクロエレクトロニクスとその工業的発展(3)
三宅 清司 元帝京大学教授理学博士
1995 3 157 平成7年7月 ダルムシュタットのJ.リービッヒの生家〈続き〉 原田 馨 筑波大学名誉教授/
神戸松蔭女子学院(短期)大学教授
1995 3 157 平成7年7月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
13.Glucoseその他の糖 ―生体液中の諸糖―
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部非常勤講師
1995 3 157 平成7年7月 くすりの文化交流(33) ―時代の推移― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士
1995 4 158 平成7年10月 電子材料と電子デバイス;研究開発とその成果
マイクロエレクトロニクスとその工業的発展(4)
三宅 清司 元帝京大学教授理学博士
1995 4 158 平成7年10月 ダルムシュタットのE.Merck社 原田 馨 筑波大学名誉教授/
神戸松蔭女子学院(短期)大学教授
1995 4 158 平成7年10月 臨床化学並びに臨床化学検査への接近
13.Glucoseその他の糖 ―生体液中の諸糖―〈続き〉
佐々木 禎一 札幌医科大学附属病院検査部非常勤講師
1995 4 158 平成7年10月 くすりの文化交流(34) ―藍(インジゴの回想)― 根本 曽代子 日本薬史学会薬学博士

ページトップへ戻る