Home >THE CHEMICAL TIMES >バックナンバー/表題一覧

バックナンバー/表題一覧

ケミカルタイムズ表題一覧 2006年(No.199)~ 2010(No.218)
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
2006 1 199 平成18年1月 新年を迎えて 野澤 俊太郎 関東化学株式会社 代表取締役社長
2006 1 199 平成18年1月 マンガン(Ⅲ)に基づくアルケン類のペルオキシ化反応 西野 宏 熊本大学 理学部理学科 反応化学講座 教授
2006 1 199 平成18年1月 有機EL素子に用いられる燐光材料 今野 英雄 独立行政法人 産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門
2006 1 199 平成18年1月 新・私の古生物誌(1)
 -太古の海のギャング、ウミサソリの話(その2)-
福田 芳生 医学博士
2006 1 199 平成18年1月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(12)
 アルブレヒト・ダニエル・テーエル
原田 馨 筑波大学名誉教授 神戸松陰女子学院(短期)大学教授
2006 2 200 平成18年4月 水中での有機金属化学(1)
 -水/有機溶媒2相系での触媒反応-
小峰 伸之
平野 雅文
小宮三四郎
東京農工大学 大学院工学研究科 助手
東京農工大学 大学院工学研究科 助教授
東京農工大学 大学院工学研究科 教授
2006 2 200 平成18年4月 近赤外分光分析法のプロセスモニタリングへの応用(2)
 -検量線の作成とアプリケーション例-
松野 玄 横河電気株式会社 環境機器技術部 NIRアプリケーションGr
2006 2 200 平成18年4月 化学分析における基礎技術の重要性(5)
 -中和滴定の基礎技術-
井上 達也 関東化学株式会社 検査部
2006 2 200 平成18年4月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(13)
 ハインリッヒ・アレキサンダーフォン・フンボルト
原田 馨 筑波大学名誉教授
2006 3 201 平成18年7月 ミルクオリゴ糖(乳中少糖)の比較生化学(X)
-化学構造的特徴とその利用性-
齋藤 忠夫
浦島  匡
国立大学法人 東北大学大学院農学研究科 教授 農学博士
国立大学法人 帯広畜産大学大学院畜産学研究科 教授 農学博士
2006 3 201 平成18年7月 新しいフッ素化合物合成技術 岡添 隆 旭硝子株式会社 中央研究所 主幹
2006 3 201 平成18年7月 2-Chloro-4-nitrophenyl-4-galactopyranosylmaltoside(Gal-G2-CNP)
を基質とした新しいアミラーゼ および膵型アミラーゼ測定法
-シカリキッド-N AMYおよびシカリキッド-N p-AMYの基本性能評価-
高笠 信之 関東化学株式会社ライフサイエンス部
2006 3 201 平成18年7月 新・私の古生物誌(2)
-ハイギョの進化古生物学-
福田 芳生 医学博士
2006 3 201 平成18年7月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(14)
ヨハン・カルル・フリードリッヒ・ガウス
原田 馨 筑波大学名誉教授
2006 4 202 平成18年10月 水中での有機金属化学(2)
-水溶性有機遷移金属錯体の合成と水中でのβ-水素脱離反応および還元的脱離反応-
小峰 伸之
平野 雅文
小宮 三四郎
国立大学法人 東京農工大学 大学院工学研究科 助 手
助教授
教授
2006 4 202 平成18年10月 フェニルボロン酸薄膜を用いる電気化学 的および光学的糖センサー 江川 祐哉
高橋 成周
安斉 順一
国立大学法人 東北大学 大学院薬学研究科 助手
大学院生
教授
2006 4 202 平成18年10月 MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を めぐる混乱と新しいMRSAの概念“BIVR” 花木 秀明
久保 亮一
北里研究所抗感染症薬研究センターセンター長/医学博士
関東化学株式会社ライフサイエンス部
2006 4 202 平成18年10月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(15)
ヨハン・ヴォルフガング・デベライナー
原田 馨 筑波大学名誉教授

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
2007
1
203 平成19年1月 新年を迎えて 野澤 俊太郎 関東化学株式会社 代表取締役社長
2007
1
203 平成19年1月 酸-塩基型不斉有機分子触媒を用いる
 aza-Morita-Baylis-Hillman反応
笹井 宏明
滝澤 忍
松井 嘉津也
大阪大学 産業科学研究所 教  授
助  手
特任助手
2007
1
203 平成19年1月 クリーンルーム内における化学汚染物質の連続分析 中川 直樹 横河電機株式会社 プロダクト事業センター 環境機器技術部 システム分析開発Gr
2007
1
203 平成19年1月 化学分析における基礎技術の重要性(6)
 ─不確かな試験方法とその工夫─
井上 達也 関東化学株式会社 検査部
2007
1
203 平成19年1月 新・私の古生物誌(3)
 ─クモの進化古生物学─
福田 芳生 医学博士
2007
1
203 平成19年1月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(16)
 レオポルド・グメリン
原田 馨 筑波大学名誉教授
2007
2
204 平成19年4月 生体内酸化反応機構研究における新展望
西田 雄三 山形大学理学部 教授
2007
2
204 平成19年4月 化学分析における基礎技術の重要性(7)
 ─試薬の性質と装置の性能─
井上 達也 関東化学株式会社 検査部
2007
2
204 平成19年4月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(17)
 ユスタス・リービッヒ
原田 馨 筑波大学名誉教授
2007
3
205 平成19年8月 フッ素資源の環境持続型循環系構築を目指して
 ─生体触媒を用いたフッ素化反応系の開発─
岩井 伯隆
北爪 智哉
東京工学大学・フロンティア創造共同研究センター 助教
東京工業大学・大学院生生命理工学研究所 教授
2007
3
205 平成19年8月 アモルファス金合金めっき 千田 一敬
加藤 勝
関東化学株式会社 技術・開発本部 中央研究所 第四研究室 研究員
関東化学株式会社 技術・開発本部 中央研究所 第四研究室 室長 工学博士
2007
3
205 平成19年8月 液体クロマトグラフィーの基礎技術(1)
 ─逆相クロマトグラフィーとカラムの選び方 その1─
酒井 芳博 関東化学株式会社 草加工場 生産技術部
2007
3
205 平成19年8月 新・私の古生物誌(3)
 ─クモの進化古生物学(その2)─
福田 芳生 医学博士
2007
3
205 平成19年8月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(18)
 フリードリッヒ・ヴェーラー
原田 馨 筑波大学名誉教授
2007
4
206 平成19年10月 特殊反応場を利用する導電性高分子材料の構造制御型合成
跡部 真人 東京工業大学大学院総合理工学研究科 准教授
2007
4
206 平成19年10月 選択的ショットガンプロテオミクス
 ─肝ミクロソーム中P-450の網羅的解析─
山中 秀徳
武吉 正博
美濃部 安史
矢可部 芳州
高月 峰夫
財団法人化学物質評価研究機構安全性評価技術研究所
2007
4
206 平成19年10月 液体クロマトグラフィーの基礎技術(1)
 ─逆相クロマトグラフィーとカラムの選び方その2─
酒井 芳博 関東化学株式会社 草加工場 生産技術部
2007
4
206 平成19年10月 化学分析における基礎技術の重要性(8)
 ─データの解析力と分析の品質管理(精度管理)─
井上 達也 関東化学株式会社 検査部
2007
4
206 平成19年10月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(19)
 マックス・フォン・ペッテンコーフェル
原田 馨 筑波大学名誉教授

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
2008
1
207 平成20年01月 新年を迎えて
野澤 俊太郎 代表取締役社長
2008
1
207 平成20年01月 理想のHPLC用ODSカラムを求めて 須藤 良久 財団法人 化学物質評価研究機構 東京事業所 クロマト技術部
2008
1
207 平成20年01月 検査や化学療法を混乱させる薬剤耐性菌の狡猾な耐性誘導機構
  ─グラム陰性菌の耐性誘導を中心として─
花木 秀明
久保 亮一
北里研究所抗感染症薬研究センターセンター長
関東化学株式会社 試薬事業本部ライフサイエンス部
2008
1
207 平成20年01月 新・私の古生物誌(4)
 ─アンモナイトの進化古生物学(その1)─
福田 芳生 医学博士
2008
1
207 平成20年01月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(20)
 フリードリッヒ・アウグスト・ケクレ・フォン・シュトラドニッツ
原田 馨 筑波大学名誉教授
2008
2
208 平成20年03月 超臨界流体とイオン液体を使った新しいプラス チックの解重合反応有機合成化学の新しい応用
上村 明男 山口大学 大学院医学系研究科 応用分子生命科学系専攻
2008
2
208 平成20年03月 新・私の古生物誌(4 )
─アンモナイトの進化古生物学(その2 )─
福田 芳生 医学博士
2008
2
208 平成20年03月 マンガン脳症・牛海綿状脳症(BSE )と統合失調症
西田 雄三 山形大学理学部 教授
2008
2
208 平成20年03月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(21)
ヨセフ・フォン・フラウンホーヘル
原田 馨 筑波大学名誉教授
2008
3
209 平成20年07月 イオン液体中での有機化合物の選択的フッ素化
淵上 寿雄
稲木 信介
東京工業大学大学院総合理工学研究科
助教
2008
3
209 平成20年07月 野依分子触媒による光学活性化合物の合成 村田 邦彦 関東化学株式会社中央研究所
2008
3
209 平成20年07月 新・私の古生物誌(4)
─アンモナイトの進化古生物学(その3 )─
福田 芳生 医学博士
2008
3
209 平成20年07月 化学分析における基礎技術の重要性(9)
─化学分析の信頼性と設備機器の管理─
井上 達也 関東化学(株)草加工場検査部
2008
3
209 平成20年07月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(22)
グスタフ・ロベルト・キルヒホッフ
原田 馨 筑波大学名誉教授
2008
4
210 平成20年10月 非ベンゼン系芳香族単位を含む共役系高分子の合成と特性
高木 幸治 名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授
2008
4
210 平成20年10月 フィコリン:自然免疫に働く新たなレクチンファミリー 松下 操 東海大学 工学部生命化学科 教授
2008
4
210 平成20年10月 膠原病と自己抗体 窪田 哲朗
新居 登紀子
東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 准教授
東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 大学院生
2008
4
210 平成20年10月 液体クロマトグラフィーの基礎技術(2)
─順相(吸着)クロマトグラフィーについて─
酒井 芳博 関東化学株式会社 草加工場 生産技術部
2008
4
210 平成20年10月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(23)
ロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼン
原田 馨 筑波大学名誉教授

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
2009
1
211 平成21年01月 新年を迎えて
野澤 俊太郎 代表取締役社長
2009
1
211 平成21年01月 生体成分の高選択・高感度分子内エキシマー蛍光誘導体化法の開発と医療分析への展開 山口 政俊
能田 均
吉田 秀幸
轟木堅一郎
福岡大学薬学部 教授
教授
助教
助教
2009
1
211 平成21年01月 イオン液体の潤滑油用途への取り組み
南 一郎 岩手大学 工学部応用化学科 准教授
2009
1
211 平成21年01月 四級ホスホニウム型イオン液体の最近の研究開発動向 綱島 克彦
杉矢 正
日本化学工業株式会社 有機事業本部 有機研究部
日本化学工業株式会社 有機事業本部 有機研究部
2009
1
211 平成21年01月 宇宙:近未来のヒト生活環境と微生物(1)
─真菌から見た宇宙におけるヒト生活環境─ ウォストークからミールまで
槇村 浩一 帝京大学大学院医学研究科・医学部 医真菌研究センター/
ゲノム解析リサーチ・センター分子生物学・遺伝子診断部門
2009
1
211 平成21年01月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(24)
ヘルマン・ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・ヘルムホルツ
原田 馨 筑波大学名誉教授
2009
2
212 平成21年04月 超音波による化学物質の分解と超音波反応器の開発
安田 啓司 名古屋大学大学院工学研究科 准教授
2009
2
212 平成21年04月 高速フォトクロミズムを示す新規ヘキサアリールビスイミダゾール 阿部 二朗
木本 篤志
青山学院大学理工学部 准教授
助教
2009
2
212 平成21年04月 新しい金めっき技術
岩井 良太
千田 一敬
関東化学株式会社 中央研究所
2009
2
212 平成21年04月 新・私の古生物誌(5)
─絶滅した巨大地上性ナマケモノの進化と古生態(その1 )─
福田 芳生 医学博士
2009
2
212 平成21年04月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(25)
ヴィルヘルム・コンラッド・レントゲン
原田 馨 筑波大学名誉教授
2009
3
213 平成21年07月 最先端半導体ウェーハ洗浄技術
冨田 寛 株式会社東芝 セミコンダクター社 プロセス技術推進センター
半導体プロセス開発第四部 フロントエンドプロセス技術開発第三担当 主査
2009
3
213 平成21年07月 尿中微量アルブミンの測定とその意義について 栗原 由利子 東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 先端分析検査学 助教
2009
3
213 平成21年07月 新・私の古生物誌(5)
─絶滅した巨大地上性ナマケモノの進化と古生態(その2)─
福田 芳生 医学博士
2009
3
213 平成21年07月 新しい銀イオンクロマトグラフィー用HPLC
カラム“Silver column KANTO ”の開発(1)
大瀧 伸之 関東化学株式会社 草加工場 生産技術部 試薬生産技術課
2009
3
213 平成21年07月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(26)
カール・ツァイス、エルンスト・アッベ、オットー・ショット
原田 馨 筑波大学名誉教授
2009
3
214 平成21年10月 遷移金属触媒とヒドロシランを用いる合成化学の新展開
永島 英夫
本山 幸弘
砂田 祐輔
九州大学先導物質化学研究所(大学院総合理工学府物質理工学専攻)
准教授
助教
2009
3
214 平成21年10月 糖鎖を用いた生体機能材料の開発 三浦 佳子 北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科 准教授
2009
3
214 平成21年10月 アレルギー物質を含む食品の検査方法 齋藤 恵理子 株式会社森永生科学研究所 営業部
2009
3
214 平成21年10月 胃型粘液を発現する病変:子宮・肺・卵巣・膵胆道系 石井 恵子 市立岡谷病院病理診断科
2009
3
214 平成21年10月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(27)
ルドルフ・フィルヒョウ
原田 馨 筑波大学名誉教授

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
2010
1
215 平成22年01月 新年を迎えて
野澤 俊太郎 代表取締役社長
2010
1
215 平成22年01月 ミルクオリゴ糖(乳中少糖)の比較生化学(XI)
  ─ヒトミルクオリゴ糖のHPLC による定量分析─
齋藤 忠夫
浦島 匡
国立大学法人 東北大学大学院農学研究科 教授 農学博士
国立大学法人 帯広畜産大学大学院畜産学研究科 教授 農学博士
2010
1
215 平成22年01月 免疫組織化学染色に使用されるコートスライドガラスの組織切片接着メカニズム 新道 弘規 松浪硝子工業株式会社 技術開発部 主席技師
2010
1
215 平成22年01月 新・私の古生物誌(6)
 ─コウモリの今と昔─
福田 芳生 医学博士
2010
1
215 平成22年01月 新しい銀イオンクロマトグラフィー用HPLCカラム
“Silver column KANTO ”の開発(2)

大瀧 伸之 関東化学株式会社 草加工場 生産技術部 試薬生産技術課
2010
1
215 平成22年01月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(28)
 ロベルト・コッホ
原田 馨 筑波大学名誉教授
2010
2
216 平成22年04月 有機ELデバイスの高効率化 時任 静士 日本放送協会 放送技術研究所 表示・機能素子研究部 部長
2010
2
216 平成22年04月 家畜および食肉から分離されるESBL産生菌
石井 良和 東邦大学医学部微生物・感染症学講座 助教
2010
2
216 平成22年04月 新・私の古生物誌(7)
 ─生きている化石カモノハシ(その1)─
福田 芳生 医学博士
2010
2
216 平成22年04月 化学分析における基礎技術の重要性(10)
 ─正確な分析の背景─
井上 達也
菅原 健一
関東化学株式会社 草加工場検査部
2010
2
216 平成22年04月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(29)
 オットー・ハーン
原田 馨 筑波大学名誉教授
2010
3
217 平成22年07月 フラットパネルディスプレイ概論(1) 鵜飼 育弘 Ukai Display Device Institute 代表 工学博士
2010
3
217 平成22年07月 新・私の古生物誌(7)
 ─生きている化石カモノハシ(その2)─
福田 芳生 医学博士
2010
3
217 平成22年07月 感染症四方山話(1)
 ─子供に微生物の面白さを伝えるには:家庭でできる微生物実験─
菊池 賢 順天堂大学医学部 感染制御科学/細菌学/総合診療科学 准教授
2010
3
217 平成22年07月 「THE CHEMICAL TIMES 」創刊六十周年にあたって
  「THE CHEMICAL TIMES 」編集委員会
2010
3
217 平成22年07月 表紙写真ギャラリー
  「THE CHEMICAL TIMES 」編集委員会
2010
3
217 平成22年07月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(30)
 オットー・リリエンタール
原田 馨 筑波大学名誉教授
2010
4
218 平成22年10月 フラットパネルディスプレイ概論(2)液晶ディスプレイ : LCD 鵜飼 育弘 Ukai Display Device Institute 代表 工学博士
2010
4
218 平成22年10月 強い自己組織化性を持つ有機半導体としての液晶性半導体
清水 洋 (独)産業技術総合研究所(関西センター)ユビキタスエネルギー研究部門 ナノ機能合成グループ
2010
4
218 平成22年10月 細菌学の特別講義(1)
阿部 章夫 北里大学 大学院感染制御科学府 細菌感染制御学研究室 教授
2010
4
218 平成22年10月 生体不安定鉄の生成と毒性の発現機構
西田 雄三 金沢医科大学総合医学研究所 客員教授
2010
4
218 平成22年07月 ドイツの切手に現れた科学者、技術者達(31)
 マックス・プランク
原田 馨 筑波大学名誉教授

ページトップへ戻る