関東化学株式会社 > ピックアップ > 新製品のご案内(2019年 7月)

新製品のご案内(2019年 7月)

2019年7月に下記の新製品を発売いたします。
製品の詳細につきましては、弊社支店・営業所までお問合せください。


分析試薬関連

  • 尿中薬物簡易検査キット
    Alfa Scientific Designs, Inc.の尿中薬物を検出する簡易キット、「DRIVEN-FLOW® IVシリーズ」13 品目、「DRIVEN-FLOW® シリーズ」14 品目を新たに販売いたします。
    「DRIVEN-FLOW® シリーズ」は、Alfa社の最先端技術(DRIVEN-FLOW® TECHNOLOGY)を用いており、より迅速な検査が可能になりました。また、必要検体量も少なくなるとともに、検体滴下後2時間以内は結果の読取りが可能なため、タイマーも不要です。
    ● 製品ページはこちら
     
  • 金属分析用試薬
    UGR・有害金属測定用・原子吸光分析用規格のすべてを網羅する高純度製品として新たに「金属分析用」規格 5 品目を販売いたします。
    酸を長期保存するにはガラス瓶が最も適しておりますが、長期保管することで容器自体から多くの金属が溶出します。しかし、この度これらを防ぐ特殊処理をガラス瓶に施し、すべての金属規格を網羅した製品を提供することが可能となりました。すべての規格を網羅することにより汎用的な個別の金属分析から一斉金属分析におけるファーストチョイスとなる製品です。
     
  • 油脂試験用 クロロホルム・メタノール混液(2:1)
    食品表示基準における分析方法では、エーテル抽出法、クロロホルム・メタノール混液抽出法、ゲルベル法、酸分解法およびレーゼゴットリーブ法の5種類が定められています。今回、この抽出溶媒であるクロロホルム・メタノール混液(2:1)を新たに販売いたします。
    ● 製品ページはこちら
     
  • 水質試験用 フェナントレン-d10標準原液
    水道法における水質管理目標設定項目の目標9「フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)」の分析で内部標準液として使用するフェナントレン-d10標準原液を新たに販売いたします。
    ● 製品ページはこちら
     
  • アクアライトCX標準原液
    「アクアライト」シリーズは、平沼水分測定装置「容量法:AQVシリーズ」「電量法:AQシリーズ」をはじめとするカールフィッシャー測定のために開発された試薬です。電量法では、発生液と対極液を使用します。これまで、対極液は「アクアライトCN」のみを販売しておりましたが、この度アクアライトCNより2倍長持ちする「アクアライトCX」を平沼産業株式会社と共同開発し、新たに販売いたします。
    ● 製品ページはこちら
     
  • 環境分析用 ベンジジン-d8標準液
    2019年3月にJIS L 1940 (繊維製品−アゾ色素由来の特定芳香族アミンの定量方法)が改訂となり、ベンジジン-d8がGCクロマトグラム後半の妨害物質に対する適切な内部標準物質として指定されました。
    Dr.Ehrenstorfer(DES)社およびAnalytical Standard Solutions(A2S)社の製品である「1%(重量%)を超えない高濃度標準液」2 品目を新たに販売いたします。
    ● 製品ページはこちら
     

有機試薬関連

  • 脱水溶媒 –Super2- (スーパースクエア) シリーズ
    究極の脱水溶媒 -Super2- (スーパースクエア)シリーズ [水分:1 ppm以下]の第三弾としてヘキサン(脱水) -Super2 -を新たに追加販売いたします。
    水分が影響する有機合成反応の溶媒としてはもちろんのこと、材料の希釈や洗浄などの溶媒としても安心してお使いいただける、高品位の脱水溶媒です。
    ● 製品ページはこちら