関東化学株式会社 > ピックアップ > 新製品のご案内(2019年 10月)

新製品のご案内(2019年 10月)

2019年10月に下記の新製品を発売いたします。
製品の詳細につきましては、弊社支店・営業所までお問合せください。

分析試薬関連製品

  • フタル酸エステル類混合標準液Ⅳ
    2019年7月22日に施行された改正RoHS指令(RoHS 2.0)で新たに追加されたフタル酸エステル類4物質の混合標準液を販売いたします。( 新製品:1 品目)

    2019年7月22日から改正RoHS指令(RoHS 2.0)が施行され、フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP)が新たに追加されました。本製品は、この4物質を1000 ppmで混合したフタル酸エステル類混合標準液です。
     

有機試薬関連製品

  • 不斉水素化触媒 s-PICA
    従来の不斉水素化触媒よりも基質適用範囲を拡張した新規不斉水素化触媒s-PICAシリーズを販売いたします。( 新製品:12 品目)

    s-PICA(スピカ)触媒は、これまでにないユニークな基質適用範囲を持つ、新しい不斉水素化ルテニウム触媒です。従来の触媒では反応が進まなかったかさ高い多置換ケトン類や、無保護のヘテロ芳香族ケトン類、ケトエステル類などを高効率・高エナンチオ選択的に不斉水素化することができます。
    Kgスケールでの反応実績もありバルク供給にも対応しているため、工業化プロセスにも有用です。
     

医薬品試験用試薬関連製品

  • 使い切り試薬シリーズ pH標準液(JCSS)
    使い切り試薬シリーズとして、pH標準液(JCSS)3品目を追加販売いたします。( 新製品:3 品目)

    医薬品試験で使用する試薬・試液は、開封後に安定性を確認することが望まれています。本製品は100mLの広口容器であり、pH計の電極をそのまま入れることができる仕様となります。1回使い切りにすることで安定性試験が不要となり、使用者の管理負担軽減につながります。また、製薬業界に限らず、コンタミ対策や作業効率を求める方へも有用な製品です。

    ● 製品ページはこちら