関東化学株式会社 > ピックアップ > 生命科学研究所(iLIS棟)が 第34回日経ニューオフィス賞「関東ニューオフィス奨励賞」を受賞

生命科学研究所(iLIS棟)が 第34回日経ニューオフィス賞「関東ニューオフィス奨励賞」を受賞

当社の生命科学研究所 新社屋 iLIS棟(神奈川県伊勢原市)が第34回日経ニューオフィス賞において「関東ニューオフィス奨励賞」を受賞しました。

日経ニューオフィス賞は、快適かつ機能的なオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的に、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が共同で主催し、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰するものです。
「2021年度 第34回日経ニューオフィス賞 受賞オフィス一覧」
 ➡ https://www.nopa.or.jp/prize/contents/congratulation34.html

当研究所は、自然光と人工光を合理的に組み合わせた快適な執務環境を実現しています。
外装に採用した「九十九折」構造で南東方向からの不快な直達日射をカットしつつ自然光を室内に取り込むとともに、輝度カメラによる照明出力の制御を行うことで「照度・明るさ感の確保」と「省エネ設計」を両立しています。

iLIS棟外装・内装

神奈川県地球温暖化対策推進条例に基づく評価システム「CASBEE かながわ」による自己評価にて最高評価「S ランク」となりました。
詳細はこちら(神奈川県のサイトに移動します) ➡ 建築物温暖化対策計画書の公表(令和元年度受付分)

棟内には、研究のシーズを開発につなげる工夫として、集中して作業を行える研究個室と実験者同士の会話からひらめきや創造を引き出す空間を各所に設けることで、集中とコミュニケーションのメリハリのある空間構成を実現しています。また、ICT(情報通信技術)を活用した「どこでも会議システム」は、研究室とオフィスや多拠点をリアルタイムにつなぎ、クリーン服を脱ぐことなく効率よく生産性の高い会議を可能にしました。

伊勢原研究所

Cicaマークをモチーフにした照明が親しみやすさを感じさせるタッチダウンスペース。窓の外には丹沢連峰を望むことができます。

同敷地内にある伊勢原工場とのシームレスな連携を強化することで、研究開発から初期生産まで対応可能な体制を整えています。

施設概要
  • 名  称    :  生命科学研究所 iLIS棟
     
  • 所 在 地   : 神奈川県伊勢原市鈴川 21 番地(当社伊勢原工場内)
     
  • 延  床  面  積     : 約6,000m2
     
  • 階  数    : 地上7階建て
     
  • 竣  工    : 2020年11月18日
     
  • 施設紹介ページ : https://www.kanto.co.jp/randd/kenkyusyo.html