Home >THE CHEMICAL TIMES >バックナンバー/表題一覧

バックナンバー/表題一覧

ケミカルタイムズ表題一覧 2016年(No.239)~
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
239号特集テーマ:感染症 ―薬剤耐性菌―
2016 1 239 平成28年1月 新年を迎えて 野澤 学 関東化学株式会社 代表取締役社長
2016 1 239 平成28年1月 薬剤耐性菌の基礎知識
「ESBLおよびカルバペネマーゼ産生菌」
鹿山 鎭男
桑原 隆一
繁本 憲文
木場 由美子
久恒 順三
大毛 宏喜
菅井 基行
広島大学 院内感染症プロジェクト研究センター
2016 1 239 平成28年1月 薬剤耐性菌検出のために臨床検査室が実施すべき検査法 中村 明子
海住 博之
三重大学医学部附属病院 中央検査部/医療安全・感染管理部 主任臨床検査技師
三重県立総合医療センター 中央検査部 主査 臨床検査技師
2016 1 239 平成28年1月 感染症検査の最前線
-迅速な薬剤感受性検査の最新動向を含めて-
大楠 清文 東京医科大学 微生物学分野 教授
2016 1 239 平成28年1月 医療関連感染と薬剤耐性菌
-臨床微生物検査室に求められる感染制御活動-
大塚 喜人 亀田メディカルセンター 臨床検査管理部 部長
2016 1 239 平成28年1月 未知微生物をお手軽に分離培養するテクニック
田中 靖浩
玉木 秀幸
山梨大学 生命環境学部 環境科学科 助教
産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 主任研究員
2016 1 239 平成28年1月 キーワード解説
「β-ラクタマーゼ、AmpC型β-ラクタマーゼ、ESBL(基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ)、Carbapenemase(カルバペネマーゼ)」

 
240号特集テーマ:クロスカップリング反応
2016 2 240 平成28年4月 ニッケル触媒直接カップリング反応の開発と機構解明研究 山口 潤一郎
武藤 慶
伊丹 健一郎
早稲田大学先進理工学研究科 准教授
早稲田大学先進理工学研究科 助教
名古屋大学ITbM拠点長・教授、名古屋大学理学研究科教授、
JST-ERATO伊丹ナノカーボンプロジェクト総括
2016 2 240 平成28年4月 不活性シグマ結合の切断をともなうクロスカップリング反応 鳶巣 守 大阪大学大学院工学研究科 准教授
2016 2 240 平成28年4月 含窒素ヘテロ環カルベン(NHC)-Pd錯体:有機リン系Pd触媒と比較して工業化に優れた特性を示すクロスカップリング触媒 堀口 良昭 ユミコアジャパン株式会社 ジェネラルマネージャー
2016 2 240 平成28年4月 3-{2-[4-(chloromethyl)-2,6-dimethoxyphenoxy]ethyl}- 1-methylimidazolium hexafluorophosphateの物性と固定相としての検討
小口 真一 東海大学理学部化学科 准教授
2016 2 240 平成28年4月 キーワード解説
「クロスカップリング反応、ニッケル触媒、配位子

 
241号特集テーマ:再生医療
2016 3 241 平成28年7月 昆虫に学ぶ器官再生 板東 哲哉
濱田 良真
奥村 美紗
坂東 優希
大内 淑代
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 細胞組織学分野 助教
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 細胞組織学分野 博士研究員
岡山大学 医学部医学科 医学科学生
岡山大学 医学部医学科 医学科学生
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 細胞組織学分野 教授
2016 3 241 平成28年7月 応用利用に向けた低分子化合物によるヒトiPS細胞の培養 池田 達彦
長谷川 光一
京都大学 物質ー細胞統合システム拠点 研究員
京都大学 物質ー細胞統合システム拠点 特定拠点講師
2016 3 241 平成28年7月 ヒトiPS細胞の分化誘導プロセスにおける細胞の構造構築段階の重要性
ヒトiPS細胞の心筋細胞分化に及ぼす胚様体の大きさの影響
大貫 喜嗣
黒澤 尋
山梨大学大学院総合研究部 生命環境学域 助教
山梨大学大学院総合研究部 生命環境学域 教授
2016 3 241 平成28年7月 細胞シート工学研究の基礎と医療への発展
関谷 佐智子
清水 達也
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 助教
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授
2016 3 241 平成28年7月 ad-MEDビトリゲル®とその創薬,化学物質安全性試験への応用
山口 宏之 関東化学株式会社 技術・開発本部 伊勢原研究所
2016 3 241 平成28年7月 キーワード解説
「ES細胞、iPS細胞、ビトリゲル」

 
242号特集テーマ:標準物質
2016 4 242 平成28年10月 新たな標準物質の整備と利用促進に関する取組みについて 朝海 敏昭 国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター
研究戦略部 計量標準調査室 総括主幹
2016 4 242 平成28年10月 IAJapanが運営する標準物質に関する認定制度について 堀田 麻子
高澤 解人
独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター
独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター
2016 4 242 平成28年10月 JCSS標準物質とCERIの取り組み 上野 博子

四角目 和広
一般財団法人化学物質評価研究機構 東京事業所 化学標準部技術第二課長
一般財団法人化学物質評価研究機構 東京事業所 理事 化学標準部長
2016 4 242 平成28年10月 定量NMR法の測定精度と共同測定の結果に対する考察
山﨑 太一 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 物質計測標準研究部門 研究員
2016 4 242 平成28年10月 キーワード解説
「標準物質、トレーサビリティとJCSS」

 

ページトップへ戻る
年号 No. 通巻 発行日 表 題
内容をPDFにてご覧になれます
著 者 著者所属
243号特集テーマ:免疫 / アレルギー
2017 1 243 平成28年1月 新年を迎えて 野澤 学 関東化学株式会社 代表取締役社長
2017 1 243 平成29年1月 食物アレルギーに対する早期介入 柳田 紀之
海老澤 元宏
国立病院機構相模原病院小児科 医長
国立病院機構相模原病院臨床研究センター アレルギー性疾患研究部 部長
2017 1 243 平成29年1月 日本家屋のハウスダストに含まれるダニアレルゲンの変遷 嶋田 貴志
安枝 浩
京都府立医科大学 生体免疫制御学講座/
ニチニチ製薬株式会社 中央研究所 特任講師/取締役部長
国立病院機構相模原病院 臨床研究センター 特別研究員
2017 1 243 平成29年1月 室内アレルゲンの測定法 白井 秀治
阪口 雅弘
NPO法人東京アレルギー・呼吸器疾患研究所 環境アレルゲン研究班 班長
環境アレルゲンinfo and care株式会社 代表取締役
麻布大学獣医学部獣医学科微生物学第一研究室 教授
2016 1 243 平成29年1月 小児アレルギー性鼻炎診断の問題点とその克服の意義 松根 彰志 日本医科大学医学部 耳鼻咽喉科学 教授/
日本医科大学武蔵小杉病院 耳鼻咽喉科 部長
2016 1 243 平成29年1月 止血作用を持つ植物由来物質 大藏 直樹 帝京大学薬学部 病態生理学研究室 准教授
2017 1 243 平成29年1月 キーワード解説
アレルギー、アレルゲン

 
244号特集テーマ:食品衛生関係
2017 2 244 平成28年4月 食の安全と検査
-細菌性食中毒を中心に-
伊藤 武 一般財団法人 東京顕微鏡院 食と環境の科学センタ- 名誉所長
2017 2 243 平成29年4月 国内の食品微生物試験法とISO法とのハーモナイゼーション 五十君 靜信 東京農業大学 教授
2017 2 243 平成29年4月 腸管出血性大腸菌感染症の発生状況と検査法の変遷
―酵素基質培地の導入―
甲斐 明美 東京医科大学 微生物学分野 兼任教授
2017 2 243 平成29年4月 微生物を色で見る
-酵素基質培地-
金子 孝昌 関東化学株式会社 試薬技術部 / 帝京大学 医真菌研究センター 課長 / 研究員
2017 2 243 平成29年4月 キーワード解説
公定法、NIHSJ(標準試験法)法、ISO法、簡易・迅速法

 

ページトップへ戻る