Home >THE CHEMICAL TIMES>シリーズ紹介

[THE CHEMICAL TIMES Library]

■試薬関連
感染症四方山話 東京女子医科大学 感染症科 教授 菊池 賢
化学分析における基礎技術の重要性 関東化学株式会社 検査部 井上 達也
■電子材料関連
フラットパネルディスプレイ概論 Ukai Display Device Institute 工学博士 鵜飼 育弘
■その他
私の古生物誌 千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生
恐竜王国へようこそ 千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生
魚の寄生虫の話 千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生
新・私の古生物誌 医学博士 福田 芳生
ドイツの切手に現れた科学者、技術者達 筑波大学 名誉教授 原田 馨
■ 感染症四方山話
東京女子医科大学 感染症科 教授 菊池 賢

217号 子供に微生物の面白さを伝えるには:家庭でできる微生物実験 2010年7月
221号 Geomedical scienceへの誘い 2011年7月
224号 感染症研究との出会い
―常在菌と病原菌の狭間に魅せられるまで―
2012年4月
226号 感染症心内膜炎 2012年10月
227号 菌血症・敗血症-その1 2013年1月
228号 菌血症・敗血症-その2 2013年4月
231号 Geomedical sciense-その2 2014年1月
232号 感染症医のあり方 2014年4月
233号 家庭でできる微生物実験 その2 2014年7月
233号 感染症研究との出会い(2) 2015年7月

■ 化学分析における基礎技術の重要性
関東化学株式会社 検査部 井上 達也

194号 試薬と品質管理 PDF(635KB) 2004年10月
196号 重量法及び比濁分析法の実際 PDF(612KB) 2005年04月
197号 微量分析における汚染源の特定とその対策 PDF(641KB) 2005年07月
198号 試薬と精度管理 PDF(770KB) 2005年10月
200号 中和滴定の基礎技術 PDF(823KB) 2006年04月
203号 不確かな試験方法とその工夫 PDF(841KB) 2007年01月
204号 試薬の性質と装置の性能 PDF(703KB) 2007年04月
206号 データの解析力と分析の品質管理(精度管理) PDF(690KB) 2007年10月
209号 化学分析の信頼性と設備機器の管理 PDF(1.45MB) 2008年07月
216号 正確な分析の背景 PDF(720KB) 2010年04月

■ フラットパネルディスプレイ概論
Ukai Display Device Institute 代表 工学博士 鵜飼 育弘

217号 フラットパネルディスプレイ概論(1) 2010年7月
218号 液晶ディスプレイ : LCD 2010年10月
219号 有機 EL(Organic Light Emitting Diode : OLED) 2011年1月
220号 電子ペーパー 2011年4月
221号 新規ディスプレイ(フレキシブル、3D) 2011年7月
222号 FPDを支える部品・材料技術(1)タッチパネル 2011年10月
223号 FPDを支える部品・材料技術(2)LED-BLU 2012年1月
224号 FPDの製造技術(1)a-Si TFTアレイ製造 2012年4月
225号 FPDの製造技術(2)新規導入技術 2012年7月
226号 FPDの将来展望 2012年10月

■ 私の古生物誌
千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生

113号 恐竜の糞化石 1984年7月
114号 恐竜の卵 1984年10月
116号 化石の森と湖を訪ねて 1985年4月
118号 イグアノドンの発見 1985年10月
121号 魚竜の話(その1) 1986年7月
124号 魚竜の話(その2) 1987年4月
125号 毛に被われた翼竜 1987年7月
127号 中生代の海に君臨した凶暴なウミトカゲ竜、モササウルスの話 1988年1月

■ 恐竜王国へようこそ
千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生

167号 恐竜は温血だった 1998年1月
168号 歯の形と食物 1998年4月
171号 鳥類は恐竜の生き残り 1999年1月
174号 大絶滅の謎 1999年10月

■ 魚の寄生虫の話
千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生

178号 皮膚と鰓の機能形態 2000年10月
181号 寄生性原虫とその生態 2001年7月
184号 寄生性扁形動物とのその生態 2002年4月

■ 新・私の古生物誌
医学博士 福田 芳生

198号 太古の海のギャング、ウミサソリの話(その1) 2005年10月
199号 太古の海のギャング、ウミサソリの話(その2) 2006年1月
201号 ハイギョの進化古生物学 2006年7月
203号 クモの進化古生物学 2007年1月
205号 クモの進化古生物学(その2) 2007年8月
207号 アンモナイトの進化古生物学(その1) 2008年1月
208号 アンモナイトの進化古生物学(その2 ) 2008年3月
209号 アンモナイトの進化古生物学(その3 ) 2008年7月
212号 絶滅した巨大地上性ナマケモノの進化と古生態(その1 ) 2009年4月
213号 絶滅した巨大地上性ナマケモノの進化と古生態(その2) 2009年7月
215号 コウモリの今と昔 2010年1月
216号 生きている化石カモノハシ(その1) 2010年4月
217号 生きている化石カモノハシ(その2) 2010年7月
223号 アンコウの進化古生物学 2012年1月
227号 生きている化石チョウザメ類 2013年1月
230号 生きている化石ヘラチョウザメ 2013年10月
234号 サメとエイ類の進化史 2014年10月

■ ドイツの切手に現れた科学者、技術者達
筑波大学 名誉教授 原田 馨

187号 アルベルト・マグナス PDF(1.53MB) 2003年01月
188号 ヨハネス・グーテンベルク PDF(1.42MB) 2003年04月
189号 ニコラウス・コペルニクス PDF(1.07MB) 2003年07月
190号 ゲオルギウス・アグリコラ PDF(1.23MB) 2003年10月
191号 ヨハネス・ケプラー PDF(1.58MB) 2004年01月
192号 オットー・フォン・ゲーリケ PDF(1.11MB) 2004年04月
193号 パラケルスス PDF(889.5KB) 2004年07月
194号 G.W.ライプニッツ PDF(1.17MB) 2004年10月
196号 レオンハルト・オイラー PDF(0.99MB) 2005年04月
197号 イマニュエル・カント PDF(1.13MB) 2005年07月
198号 ゲオルグ・クリストフ・リヒテンベルク PDF(1.36MB) 2005年10月
199号 アルブレヒト・ダニエル・テーエル PDF(1.32MB) 2006年01月
200号 ハインリッヒ・アレキサンダーフォン・フンボルト PDF(1.24MB) 2006年04月
201号 ヨハン・カルル・フリードリッヒ・ガウス PDF(1.29MB) 2006年07月
202号 ヨハン・ヴォルフガング・デベライナー PDF(1.01MB) 2006年10月
203号 レオポルド・グメリン PDF(1.31MB) 2007年01月
204号 ユスタス・リービッヒ PDF(1.29MB) 2007年04月
205号 フリードリッヒ・ヴェーラー PDF(1.32MB) 2007年08月
206号 マックス・フォン・ペッテンコーフェル PDF(1.18MB) 2007年10月
207号 フリードリッヒ・アウグスト・ケクレ・フォン・シュトラドニッツ PDF(0.96MB) 2008年01月
208号 ヨセフ・フォン・フラウンホーヘル PDF(1.37MB) 2008年04月
209号 グスタフ・ロベルト・キルヒホッフ PDF(1.447MB) 2008年07月
210号 ロベルト・ヴィルヘルム・ブンゼン PDF(937MB) 2008年10月
211号 ヘルマン・ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・ヘルムホルツ PDF(896KB) 2009年01月
212号 ヴィルヘルム・コンラッド・レントゲン PDF(868KB) 2009年04月
213号 カール・ツァイス、エルンスト・アッベ、オットー・ショット PDF(910KB) 2009年07月
214号 ルドルフ・フィルヒョウ PDF(1.93MB) 2009年10月
215号 ロベルト・コッホ PDF(840KB) 2010年01月
216号 オットー・ハーン PDF(792KB) 2010年04月
217号 オットー・リリエンタール PDF(759KB) 2010年07月
218号 マックス・プランク PDF(371KB) 2010年10月
219号 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト PDF(845KB) 2011年01月
220号 フェルジナンド・フォン・ツェッペリン PDF(519KB) 2011年04月
221号 アルバート・アインシュタイン(最終回) PDF(915KB) 2011年07月
222号 原田馨先生を偲んで─追悼集─ PDF(794KB) 2011年10月

ページトップへ戻る