TOP > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和19年 11月 大東亜化学工業(株)を設立
小島 義忠 社長就任(初代)
昭和20年 10月 社名を関東化学株式会社に改称
昭和25年 3月 『ケミカルタイムズ』創刊
昭和35年 5月 臨床検査薬の研究および製造を開始
昭和39年 5月 国産初の電子工業用薬品を発売
昭和41年 4月 電子工業用薬品の製品ラベルに「EL」の規格表示を採用
昭和48年 7月 伊勢原工場(神奈川県伊勢原市)を開設
9月

大阪支店(大阪府大阪市)を開設

昭和52年 6月 中央研究所(草加工場内)を開設
12月

野澤 俊太郎 社長就任(第5代)

昭和54年 11月 電子工業用薬品自動供給装置「S-wagon」を開発
昭和55年 2月 ドイツ、E.メルク社と協業契約を締結
6月 柵原工場(現岡山工場、岡山県美咲町)を開設
昭和56年 9月 伊勢原研究所(伊勢原工場内)を開設
昭和57年 2月 大牟田工場(福岡県大牟田市)を開設
昭和58年 7月 資本金を10億円に増資
昭和59年 9月 岩手工場(岩手県奥州市)を開設
昭和62年 9月 草加物流センター(埼玉県草加市)を開設
平成2年 6月

アメリカ(オレゴン州ポートランド)にKANTO CORPORATIONを設立

平成3年 12月 福岡支店(福岡県福岡市)を開設(営業所からの昇格)
平成4年 11月

台湾に半導体用高純度薬品製造工場を竣工

12月 小野物流センター(兵庫県小野市)を開設
平成6年 10月

ISO 9001認証取得(試薬業界初)

平成7年 12月

アメリカ、KANTO CORPORATIONにポートランド工場を竣工

平成10年 2月 シンガポールにKANTO KAGAKU SINGAPORE PTE LTD.を設立
7月

ISO 14001認証取得(試薬業界初)

平成12年 6月 ドイツ、E.メルク社との協業契約を解消

台湾に、台湾関東化学股イ分有限公司を設立

10月

ISO/IEC 17025(試験所認定)認定取得(試薬業界初)

平成15年 6月

台湾にProsperChem Inc.(現 KANTO-PPC Inc.)を設立

平成16年 9月 関東化学ホールディングス株式会社設立
平成17年 1月 ISO13485(医療機器の品質マネジメントシステム規格)認証取得
平成18年 3月 マレーシアに、KANTO ELECTRONIC CHEMICALS MALAYSIA SDN. BHD.を設立
平成22年 6月 資本金を30億円に増資
9月 三重工場(三重県津市)を開設
12月 本社機構を統合し、現所在地に移転
平成23年 6月

野澤 学 社長就任(第6代)

平成24年 1月

台湾 ProsperChem Inc.を子会社とし、KANTO-PPC Inc.に改称

3月

台湾、KANTO-PPC Inc.に雲林工場を竣工

平成26年 11月

創立70周年

平成27年 4月 高崎営業所(群馬県高崎市)を開設
11月

岩手工場に医薬品原薬工場を竣工

12月

フランス CHROMagar社を子会社化

平成28年 6月 (一社)日本試薬協会会長に社長 野澤学が就任
平成29年 5月 甲府市山梨大学内に甲府インキュべーションセンター(KIC)を開設