関東化学株式会社 > 試薬の日

3月9日は「試薬の日」

わが国で初めて“試薬”の名称を考案したのは、幕末の津山藩医で蘭学者であった宇田川榕菴(うだがわ ようあん)(1798~1846)で、天保3年(1832年)の著書『舎密試薬編』で題名に試薬という言葉を用い、約50種の製造方法を記載しました。その後イギリスの化学者ウィリアム・ヘンリーの化学書に新しい知見を加え、さらに自身が実験した結果からの考察を付け加えた「舎密開宗(せいみかいそう)」の中では多くの試薬が取り上げられ、その使い方や注意が記されています。榕菴は翻訳作業の過程で、それ迄に存在しなかった多くの化学用語を生み出しました。その中には、「酸素、水素、窒素、炭素」といった元素名や、「酸化、還元、分析」といった用語が含まれており、現在も用いられております。
一般社団法人日本試薬協会におきましてこの榕菴の功績をたたえ、生誕日に因んで3月9日を『試薬の日』と制定しました。同協会では、この日(3月9日)を通じて、試薬の「適正な管理と正しい使用」に関する啓蒙活動に努めております。