TOP > ピックアップ > 特集ページ (実用性に優れた還元的アミノ化触媒)

特集ページ (実用性に優れた還元的アミノ化触媒)

実用性に優れた還元的アミノ化触媒について

カルボニル化合物の還元的アミノ化反応は、アミン化合物の重要な合成法として古くから知られております。それ故に、様々な触媒の開発が続けられてきたものの、触媒効率、操作性、安全性の面で優れた触媒はほとんど見出されておりませんでした。
このような状況に鑑み、弊社では真に実用的な還元的アミノ化触媒の開発を進めたところ、下記2種類のイリジウム触媒(Ir-PA触媒, Ir-QN触媒)が第一級~第三級アミンの合成に極めて有効であることを見出しました。これらのイリジウム触媒の特長は以下の通りです。

  • 水素源として ぎ酸 や ぎ酸アンモニウム を使用するため、耐圧容器等の特殊設備を必要としない。
  • 高い触媒活性と官能基選択性を示す。
  • 触媒が空気中で安定であり、反応溶媒の厳密な脱水や脱気を必要としないため、本触媒反応の工業的実施が可能です。
イリジウム触媒


弊社ホームページ内には、今回ご紹介した還元的アミノ化触媒に関する詳細な情報が他にも掲載されております。
本特集ページの最後に、情報をまとめて紹介しておりますので、是非ご覧ください。

製品一覧

略称 構造式 製品名 製品番号 包装
Ir-PA1 Chloro[N-[4-(dimethylamino)phenyl]-2-pyridinecarboxamidato](pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) 07127-68 100mg
07127-95 500mg
Ir-PA2 Chloro[4-(dimethylamino)-N-(dimethylamino)pheny-2-pyridinecarboxamidato](pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) 07429-68 100mg
07429-95 500mg
Ir-PA3 Chloro[4-(dimethylamino)-2-pyridinecarboxamidato](pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) 07430-68 100mg
07430-95 500mg
Ir-PA4 Chloro[N-[4-(trifluoromethyl)phenyl]-2-pyridinecarboxamidato](pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) 07964-68 100mg
07964-95 500mg
Ir-PA5 Chloro[N-(4-nitrophenyl)-2-pyridinecarboxamidato](pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) 07965-68 100mg
07965-95 500mg
Ir-QN1 Chloro(pentamethylcyclopentadienyl)(8-quinolinolato)iridium(III) 07128-68 100mg
07128-95 500mg
Ir-QN2 Chloro(pentamethylcyclopentadienyl)(4-dimethylamino-8-quinolinolato)iridium(III) 07966-68 100mg
07966-95 500mg

関連製品

構造式 製品名 製品番号 包装
cis-1,4-Cyclohexanediamine 07986-35 25g
N-Boc-cis-1,4-Cyclohexyldiamine 05532-65 1g
05532-55 5g
N-Cbz-cis-1,4-Cyclohexyldiamine hydrochloride 07426-65 1g
07426-55 5g
trans-4-Aminoadamatan-1-ol hydrochloride 01639-45 10g
cis-4-tert-Butylcyclohexylamine hydrochlorode 04928-35 25g

関東化学出願特許

特許番号 発明の名称
特許第5719115号 新規な有機金属錯体およびアミン化合物の製造方法
特許第5847386号 アミン化合物の製造方法

関連情報